ホーム > IR情報 > 経営情報 > IRポリシー

IRポリシー

情報開示基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとする全てのステークホルダーの皆様に、当社に関する重要な情報を適時、適切に開示することをIRの基本方針としております。また重要事実以外の情報につきましても積極的に開示し、皆様のご意見に真摯に耳を傾け、IR活動に反映させてまいります。

 

情報開示基準

当社は、法令および東京証券取引所が定める規則に従い、迅速、正確かつ公平に開示を行います。また、当社をご理解いただくために有用であると当社が判断した情報についても、積極的に開示します。

 

情報開示方法

当社は、適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて行います。規則などに該当しない情報については、当社ウェブサイトなどで速やかに開示します。

 

将来の見通しに関わる開示方針

当社が開示する情報の中には一定の前提のもとに作成した「将来の見通しに関わる記述」が含まれていることがあります。これらは経済動向や市場環境の変化等の不確実な要素を含んでいるため、実際の事業内容や業績等が当初の見通しと異なる結果となる可能性もございます。当社の業績や企業価値等をご検討される際には、この点にご留意されるようお願い致します。また、当サイトは投資勧誘を目的としたものではございません。投資に関する決定はご自身のご判断において行っていただくようお願いいたします。

 

IR活動沈黙期間

当社は、重要な会社情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するためIR活動を自粛する沈黙期間を設けており、その期間中は事業見通しや決算内容に関してコメントすることやご質問にお答えすることを控えさせて頂きますので、ご理解頂きますようお願い致します。

当社の沈黙期間は決算期末日から決算発表日までとしております。