ホーム > CSR > 職場環境に関する挑戦

職場環境に関する挑戦

BAROQUE発のファッションブランドを日本の代表的なファッションブランドとして世界へ飛躍させ、世界中のお客様へ価値を提供できる人材の育成は最も重要な挑戦のひとつです。

1.ダイバーシティの推進

 BAROQUEは女性社員が中心の会社であり、管理職にも多くの女性社員を登用しているほか、様々な分野で活躍しています。管理職に占める女性の割合は約48%(2016/1/31時点)に上ります。そのため、女性が働きやすい職場環境作りを目指すとともに、出産・育児等のライフイベントを尊重し、産前・産後休暇、育児・介護休業、並びに育児短時間勤務制度の取得促進を図っています。

 また、東京本社はもちろん、海外グループ会社において国籍・性別などを問わない採用を行っています。また国境を越えての研修制度や交流イベントを積極的に実施し、グローバルに活躍していく人材育成に取り組んでいます。

2.ウェルネスへの取り組み

 BAROQUEのウェルネスは健康管理はもちろん、BAROQUEの一員であることが人生における付加価値となるよう、様々な取り組みを実施しています。

 産業医カウンセリング、社外の総合健康相談窓口、定期的な健康診断、スポーツクラブとの提携で外部のジムが利用可能な制度があります。また、スキルアップ、自己啓発意識促進のため、産業能率大学が運営する通信研修を受けることができる制度があります。(一部自己負担)さらに、郊外体験農園において農業体験ができるツアーを定期的に開催しています。種まきから収穫まで、土いじりや緑に触れながらリフレッシュし、自然のダイナミックさを全身で体験できます。